< 理事長あいさつ >


  当NPOは発足から5年目となり、会員個人の活動を主体とした新しい組織体制となりました。
  新たな意識で活動を展開してまいります。
  人口減少、少子高齢化、経済の低速の中で、道路インフラも高齢化となり、長寿命化、更新等の効率的な供用への対応に迫られております。
  この対応に向けて、秋田県道路メンテナンス会議や市町村橋梁等長寿命化連絡協議会等が立ち上がり、活動が開始されました。
  当NPOもこの組織に参画し、NPOとしての存在を高めてまいります。

  下記について取り組みます。
  1、道路資産の健全な供用のために、長寿命化や更新等の判断を行う場面で、技術的支援を行うこと。
  2、道路資産を保全管理するための人材育成や保全技術の向上のための支援を行うこと。
  3、道路資産を守ることに共感する方々、ともに行動する方々を巻き込んでいくための情報提供や共有化の支援を行うこと。

  今後とも、ご理解、ご支援をお願いいたします。

特定非営利活動法人 秋田道路維持支援センター

理事長  佐 藤  信 雄